【人生が変わった日】

2011311日。

人生が変わった日。

あなたもその1人ではないですか?

この日は前職の人事の仕事で新橋にある会社にいた私。

古いビルだったお陰で物凄く揺れてキャビネットはガンガン開いたり閉まったり、いろんなものが倒れたりし、机の下に隠れるのが精一杯だった。

揺れは落ち着いたけどその後仕事を続けて良いのか、現場の上長の指示もどうしたら良いのか分からないまま、

窓の外を見るとお台場の方では煙が上がっている、逆の方角の窓の下にはヘルメットを被って近くの日比谷公園へと向かっている人も見えた。

会議室のテレビの映像では、まるで映画の様な津波の被害が映し出されていた。

いつもの地震ではない事は分かったが一体何が起こっているのか?その時には良く理解はできなかった。

 

そうだ実家に連絡を!と一度だけ電話が繋がったがその後は音信不通になった。

夕方会うはずの友達へはキャンセルのメールをした。

 

その時はこんな凄まじい酷い状況だとは夢にも思わず、8時まで会社に残り同僚先輩達と歩いて家路に着いた。

まだ肌寒くヒールで歩く7時間は身体の芯を冷やした。

無事帰宅して旦那様と愛犬きなこの安否も分かり一安心。

揺れの激しさでガスの元栓が閉まっていたので開け方を友達に聞いて明け方やっと暖かいお風呂に入った、その温かさが身体と心に染み渡りました。

 

事の大きさは次の日、またその次の日に分かってきたのです。

福島の家族や友達に連絡したいけど繋がらない、

いわきの友達の家はどうなっているだろうか?

千葉の友達の家の近くは石油火災が起きている。

テレビで流れてくる情報はどれも凄まじく不安にさせました。

 

私は東北、福島の会津出身です。

居ても立っても居られないので、すぐできる事は何か?

何が私にできるのか? 助けになることは・・・?

それから暫くはボランティアで行けるところを探したり救援物資を送ったり、東北魂のまま兎に角何かしないといけない衝動で動いていました。

ボランティア休暇で何度か宮城に入りその先で沢山悲惨な状況を目の当たりにしました。瓦礫撤去、リフレクソロジー、話し相手、被災された方々の少しでも元気になって欲しくてどんな事でもかって出ました。

東北の人たちはとてもシャイで真面目で暖かくて、家族意識が強いので一度打ち解けて貰えると本当に色々なお話をしてくれました。

ボランティアで経験した多くの事は、また改めて描こうと思います。

 

2011311日から何千万人の人生が変わったのだろう。

直接被害にあった方々

風評被害にあった方々

ボランティアで協力した人達

避難し引越してきた先での人間関係

ショックで動けなくなった人達

あなたも人生や人生観が変わった1人では無いだろうか?

どう変わったかは様々だけど、確実に心に刻み込まれたのは、人との繋がり関わりの大切さ、家族の大切さ、心を寄せる事の大切さ。

災害対策について、本当の協力とは何かという事。

何より命には終わりがあって、それはいつかは分からなくて、あっけなく来てしまうこと。

幸せで平和だから忘れてしまいがちだけど、

この日を忘れない。

この日からの想いを忘れない。

感謝も人の心に寄り添う事も忘れない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です